こんばんは、そうでない人はこんにちは、TATEです。
今回は電撃文庫から販売されている、支倉凍砂『狼と香辛料』を紹介させていただきます。

今作は中世ヨーロッパのような世界を舞台にした、旅の行商人の物語になります。

旅の行商人のロレンスは、ひょんなことから賢狼ホロと出会い、ヨイツという土地を目指して旅に出ます。

今作のヒロインの賢狼ホロですが、彼女の本当の姿は大きな狼なのです。
麦に宿る神様的な存在で、人の姿の時は狼の耳と尻尾が生えています。

シリーズ物なので今作で目的地に着くことはありませんが、ロレンスが行商人として問題に巻き込まれる様は、普通の作品にはないハラハラがあります。

あらすじ

行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。
「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」
老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。
そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが――。

支倉凍砂 狼と香辛料 電撃文庫 表紙より

旅の行商人なので、話の本質は『金を稼ぐ!』になります。
パンを食べるにも宿に泊まるにもお金が必要です。
野垂れ死ぬことも普通にある時代なので、お金の価値が非常に大きい世界になります。

冒頭

この村では、見事に実った麦穂が風に揺られること狼が走るという。風に揺られる様子が、麦畑の中を狼が走っているように見えるからだ。また、風が強すぎて麦穂が倒れることを狼に踏まれたといい、不作の時は狼に食われたという。

支倉凍砂 狼と香辛料 電撃文庫 p.13より

ホロが自分のいる村を説明するシーンから始まります。

少し悲壮感が漂っている冒頭になりますが、ホロの心情を考えれば当然のことでしょう。
現在のホロは村人に必要とされていないのですから――。

どんな人にオススメ?

  • 中世ヨーロッパが好き
  • アニメ『狼と香辛料』を観た
  • 廓詞が好き
  • 商人の話が読みたい
  • 獣人のヒロインが好き
  • ライトノベルなので中高生の方

そんなあなたにオススメです。

ちなみに、本編は326ページになります。

僕の感想

僕はアニメを観てから原作を読んだタイプなのですが、『ホロを教会に告発したクロエがどこにもおらんぞ』って焦りました。

あんな可愛い子を見逃すハズがない――と思っていたのですが、原作ではヤレイというキャラクターがホロを教会に告発します。
このヤレイの代わりのキャラクターがクロエだったのです。

アニメと原作では少しだけ変わっていることがあるので、これも楽しみ方の一つですね。

物語としては第一期の6話の地下水路までの話で、切りの良いところまででした。
アニメでも良かったのですが、原作もロレンスとホロの心地良い応酬を見ることができます。
あと、細かい描写や心情の説明が入るので、原作の方が面白いと思います。

――そういえば、中世ヨーロッパと近世ヨーロッパの違いって知ってますか?

煌びやかな部屋にフリルの付いたドレスを着て……、これは近世ヨーロッパです。
映画など観てすぐにわかる違いは、建物と服装です。

中世ヨーロッパは治安が悪く家ごと襲われることがあったので、家の壁は石積みで壁には武器が飾ってありました。もちろん窓はあってもガラスはありません。
ガラスは教会などお金持ちの建物に使う物でした。

お洒落をするのは貴族がほとんどだったので、平民や農民は地味な服装です。
時代によっては服装の色まで決められていたこともあります。

これに対して、近世ヨーロッパは俗に言う『ロココ調』と言われる模様式になります。
可愛いフリルの付いたドレスを着て、天蓋の付いたベッドで寝る、お姫様のようなアレです。

ちなみに、ヴィクトリア調は近代ヨーロッパになります。
年代がちょっと違うんですよね。

――またまた話が変わりまして、今作のヒロインが使う言葉遣いについてお話したいと思います。

『わっち』『くりゃれ』『ありんす』など、ホロは少し変わった言葉を使います。
不思議ちゃんみたいなキャラクターかな? と思ったあなた、それは間違いです。

これは『廓詞(くるわことば)』と言います。
江戸時代の遊女などが使っていた言葉で、出身地をわからなくするために用いていた言葉になります。

ホロも出身地を誤魔化す為に使っているのかもしれません。

今作の狼と香辛料は資料がかなり多いので、設定も細かく決められています。

というわけで、そろそろ今回の紹介を終わりたいと思います。

支倉凍砂 KADOKAWA 2006年02月
売り上げランキング :

by ヨメレバ